お悩み

40代男性と50代女性のダイエット体験談

投稿日:

50代女性のダイエット経験をご紹介します。40代男性のダイエットの記録もご紹介中です。

 

50代女性ダイエット経験談「中年以降こそ絞りやすい」

ダイエットに関する悩み

若い頃には絶対に付かなかった場所に、お肉か乗るようになりました。背中と腕です。そのため、もったりとした印象になり、お腹が出ていない時でも、背中に乗ったお肉が傍にも回ってずんどうに見えます。お腹なんていつでも絞れると思っていたけれど、わきの肉は背中から回ってきているので、落ちないのだと気づきました。背中と二の腕は、自分でどうしたらよいのかわかりません。誰かが痛気持ちいいマッサージで、優しく絞ってくれないかと願うばかりです。

 

今行っているダイエット

まずは肩甲骨を動かすことから地道に始めています。ここまでお肉をのせてしまった身です。激しい運動や、つらいメニューに耐えられるわけがないので、まずは自分が嫌がらずに日課のようにできる肩甲骨回しから始め、少しずつ腕を揉んだり腰をひねったりし始めています。食べることが大好きなので、食べることを止めるのはさすがにきついので、せめてお酒はやめました。それと、もともと甘い飲み物は飲まなかったのですが、これも徹底して飲まないように、ただ暖かい白湯は常にのむようにしています。

 

はやり、この年になるとつらいダイエットはなかなか継続しません。

 

痩せたらこんなことがしたい!

誰かが、子供を産み終わって、身体が緩くなった時が絞りやすいといっていました。お肉の移動がしやすいのだと。出産で大移動したお肉たちが、自分の本来の位置を見失っているので、ここだよと教えてやればそこに落ち着きやすいのだと。つまり、わきのお肉やウエストのお肉を胸に持ってくることもできやすいのが、中年以降なのだと。それを信じて、今更ながらスッキリとした体型になって、ウエストマークした普通のスカートを履きたいです。

やはり出産後骨盤が緩んでしまうらしいのですが、そのままにしておくと太りやすい体質に。また逆に産後の骨盤が緩んでいるときにきちんと骨盤矯正を行うと、痩せる体質に変われるようですよね。私も若いころ知っていれば、骨盤矯正ダイエットを行っていたのになと思います。最近では便利な履くだけで骨盤のゆがみを正してくれる補正下着なんかもたくさんでているので、気になります。娘の出産後にはこういうものも買ってあげようと思います。

 

履くだけ骨盤矯正「スラりんウォーマー」詳細はこちら

 

 

40代男性「ダイエットはプラスの相乗効果がいっぱい」

ダイエットの悩み

BMI(ボディマス指数)俗にいう肥満指数のことですが、現在私のBMIは26.3です。肥満(1度)に属するようです。私は5年以上前より血圧が高くなりはじめ、高血圧症と診断されています。主治医の先生からはこの肥満体質の改善が求められ続けています。1年に一回実施している健康診断の度に、同じ内容の注意を受けています。改善のキーは生活習慣の見直しと改善です。口で言うのは容易いですが、改善行動を起こし継続することは簡単ではありません。これが悩みです。

 

取り組んでいること

主治医からの改善対策の指示は兎に角、体重を減らしなさいということです。ということで考えられる対策は意識して日々実施する努力をしています。例えば、①大好きな間食を避ける或いは間食量を減らすこと、②お酒の飲む量を減らすこと、ちゃんぽん飲みをしない、③適度な運動をすること、その一環として、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使用、5KM以内の買い物であれば車を使わず徒歩で行くようにしています。④食事の面では、天ぷらの衣は取り除いて食べる等し、全般的に脂っこい食事の量を減らします、また夜遅い食事を摂らないことも自分に課しています。

 

ダイエット目標

私にとっての成功とはBMI数値で言う23です。BMI計算上でシュミレーションしますと、現状の26.3➡23に達成した場合、体重で8KG痩せたことになります。成功した暁には、昔デザインが気に入って購入したにも関わらず、肥満が理由で久しく着ていないTシャツや長ズボンを着こなしたいと思っています。次に、高血圧症に対する常備薬の飲む量を減らしてゆく努力をして行きたいと思っています。この努力とは、食事に関係していまして塩分を多くとり過ぎないということです。余談ですが、体重が安定的に減って行くことによって、ある程度血圧も多少下がって行く可能性があるという主治医のアドバイスによります。

-お悩み

Copyright© 20代まゆの基礎化粧品とグッズ紹介サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.