未分類

バストアップの悩み

投稿日:

大きい胸になりたい方にはポンピン(Ponpin)がオススメ!

胸、大きい方がいいですか?小さい胸だと貧弱な感じがして嫌だと言う人、大きすぎて邪魔だという人、程よい大きさであっても、もっとバストアップしたい人。人それぞれのお悩みがあると思います。

胸のふくらみは、脂肪組織が9割、乳腺組織が1割で形成されているそうです。母乳を作るための乳腺組織を脂肪組織で守るつくりになっていて、母のホルモンと呼ばれるプロゲステロンが乳腺を発達させ、美のホルモンと呼ばれるエストロゲンが胸の発達を促し、脂肪のクッションを増やすのだそうです。

そういえば、彼氏が出来てキレイになったとか、体つきが女らしくなったとか、よく聞きますが、それは、母のホルモンと美のホルモンが活発になった結果なのかなって思いました!ホルモンの働きって大事なんですね。ちなみに筆者40代でやや肥満ですが笑10年位前の出産後間もなくはCカップでした。現在肥満後はDカップです。加齢によるたるみも影響していると感じています。その点も色々調べて行きたいと思います!

 

バストアップしたい人!ポンピン(Ponpin)を試してみて!

バスアップのためのサイトもいっぱいありますねー!エクササイズ方法、サプリ、矯正下着、方法は色々あるようです。自分としては、もう中年ですので、たるみのほうが気になり、ブラを着ける時脇肉を寄せるようにするのが習慣づいていました。出産後よりバスアップしたのは、それの効果もあったかなとも思っています。あと、太った事。乳房は脂肪が9割というので、単純に、胸に脂肪がつけばサイズも大きくなるのでしょう。

あと、結婚前の若い時、職場の同僚がいつのまにかナイスボディになっていて、何故かと聞いてみたら、お高い矯正下着を付け始めたらバスアップしたという事がありました。この時は、あれよあれよと言う間にウン十万の下着を買わされそうになり、しばらく逃げ回った記憶があります。お金に余裕がある方ならいいと思いますが、金額的に自分の常識に合わないと感じるなら、やめた方が無難です。きっと自分に合ういい方法が見つかりますよ!

 

バストアップの悩みには、ホルモン影響大!?ポンピン(Ponpin)が効果的!

前にふれたように、胸の膨らみを作るのは、ホルモンです。さらに、そのホルモンを運んでくれるのは血液とリンパなのだそうです。なので、血行とリンパの循環を良くする事がポイントになります。肩や首、脇周辺の溜まった老廃物を体外に排泄し流れを良くすることによって、乳腺の発達が促され、必要な栄養がバストに行き渡り、背中や二の腕もスッキリするというのです。メリハリのあるボデイ、憧れますよね!

じゃあ、ホルモンはどうすれば出るのか?。。。自分で、ホルモン出せますよーなんて人は。。。居ないです。成長ホルモンは夜の睡眠中、時間では10時から深夜2時頃の間と言われていて、そのために成長期の子供は夜9時頃には布団に入るのが理想とされていますよね。女性ホルモンも同様の様です。夜更かしは、ストレスや肌荒れの原因だけでなく、バスアップの機会も逃していたなんて。

 

 

たるみ諦める事なかれ!バストアップにはポンピン(Ponpin)♪

頑張った女性の証、たるみ。毎日、長年の子育て、お疲れ様です!と褒たいと思います。赤ちゃんのお世話って、ずーっと前屈みにならざるをえないし、授乳ってすごくオッパイ引っ張られますよね。授乳で乳房が発達してサイズが大きくなるので、その反面授乳が終わるとしぼむとまではいきませんが、垂れてきちゃいます。

こんな場合は、サイズに合っていてホールド力のある下着を着けて、それ以上の形くずれを防止しましょう。

また、バストの基底部の土台である、大胸筋を鍛えるのも効果的のようですよ。この部分を鍛えておくと、上向きのカッコイイバストの形をキープしてくれる効果があるのです。

さらに、前屈みの姿勢や猫背は逆効果をもたらします。バストだけでなく、全体的な印象を決めますので、背筋のピンと伸びた姿勢、心掛けたいですね。

 

 

女性の味方イソフラボン!ポンピン(Ponpin)でバストアップ!!

加齢とは恐ろしいもので、ホルモンの減少がありますね。このホルモン、食品で補助出来ちゃうんです。バスアップに効果といわれるエストロゲン。これに似た働きをしてくれるのが、大豆イソフラボンです。イソフラボンが豊富といえば、豆乳、お豆腐でしょう。お好みに合わせて摂取出来るといいですね。サプリメントもありますので、チェックしてみてくださいね。

ところで、そのエストロゲンが増えると肌の調子が良くなり、気分がハッピーになり、また、排卵後に増えるプロゲステロンが増えるとイライラしたり体がだるくなったりするんだって!女性なら思い当たりますよねー!女性の身体ってホルモンの影響大なんですね。そこを理解の上、食事内容や運動、健康管理出来ると、ホルモンのイライラに支配されず、しかもバスアップも狙えるかもしれません。

食材としてもヘルシーなので、ぜひ取り入れていきたいですね。

 

参考:バストアップゼリーの人気おすすめランキング

-未分類

Copyright© 20代まゆの基礎化粧品とグッズ紹介サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.